マニピュレーターは誰とも『信頼関係』を築かない。

こんにちは。

最近とあることがきっかけで、モラ夫の“人となり”というものを、再確認しまして。

今回は、その話をしていきますね。



その時強く思ったのが、

「どう考えてもやっぱり、別れるしかなかったよなあ」

「彼のこうゆう所が、私にはどうにも無理だったんだ」

ってこと。





それはズバリ、

彼の人生が「勝ち負け」で成り立っているために、

人間関係において人を信用・信頼するということが、一切ないこと。



今思えば、彼はいつも自分の優位性を保つことしか頭にない。

常に競争の世界で生きている人。

いや。競争の世界でしか、生きられない人だったんです。





で、ここがポイントなんですが、

そうゆう人は「人間関係とは搾取するもの」ぐらいに思っているので、

同じように「他者も自分を搾取する」と思いこんでるようなのですね。。





『人より常に優位にいないと気がすまない』

『少しだって不利な立場にはなりたくない』



そんな思いが強すぎると、どんなに親しい相手でも本心を隠したり、秘密主義なところがあったり。

冗談とか言って雰囲気はごまかしてろけど、会話はものすごく表面的なもの。



彼にとって、他者とは自分を陥れる存在なのであって、

だからこそ、自分も他者に同じことをするのでしょう。



しかもマニピュレーターというのは、それを分かりにくく巧妙にやらないと意味がないんですね。

あくまで自分は善人なわけですから。(本人的には“偉人”なんだろう…^^;)









で、今回こんなことを思うきっかけになった出来事というのが、

息子の中学校の、個人懇談の案内でした。

(学校行事についてはモラ夫は一切知らせてこないので、いつもママ友からの連絡が頼り。。)



中学も2年生になれば、この時期そろそろ、進路に向けての話になってくるんですよね。



*    *    *



入学以来、担任の先生と顔を合わすこともしてこなかった私。

でもやっぱり、息子の将来が関わってくる話となれば、

母親としてちゃんと関わっておきたい。



そんな思いから、モラ夫にメールで意向を伝えたのです。

“たまには私が出席したいんですが、どうですか?”



すると返ってきた返事が、

“どうしてもと言うなら代わるけど、生活の指導の話とかもあるから、できれば遠慮してもらいたい”



しばらく考えた私は、その日の夜に返信。

了解しました”

と、あっさり一言…。



*    *    *





ここで、なぜ私はそんなに素直に応じたのか?

って思う人も、いるかも知れませんね。



それにはちゃんと理由があります。

それは、

彼の返答は、私には想定内の内容だったってこと。



そして、私が要求を押し通すこともできるんだけど、

彼に関わるためにエネルギーを使うより、

自分は自分で、あとで担任の先生に懇談の内容を聞けばいいやと。

(先生にとっては2度手間で申し訳ないけど…^^;)







そんなわけで。

ここで、

さっきのメールの返答で、彼の人となりが分かるってことについて話します。





”彼の人格を表すポイント“ としては、2つあります。


① いつも「善人」の部分は残しておく

② 相手の意に沿えない理由をもっともらしく言うが、実は理由にならないことが多い





順番に解説していくと…





①は、「どうしてもと言うなら代わるけど」っていう部分。

これは要は、「君がガツガツしてくるなら、優しいオレは思い通りにするよ」ってこと。







②について。

ここで分かるのは、彼の「優位性への執着」と「猜疑心の強さ」。



「(家での)生活の指導の話とかもあるから」ってゆうのが、彼の断りたい理由なんだけど。

彼の強調すべくは、“息子と共に生活してるオレに主導権がある“ってこと。



でも私としては、

「いくら別居が長くたって、二人の大事な子供のことはちゃんと共有したい」

っていうのが大前提。

だからもちろん、懇談の内容はそのままモラ夫に伝えるつもりだったんです。



ここで再確認したのは、モラ夫という人間は、それが理解できない。

「真の情報を他者と共有する」という発想自体が、ないのかもしれません。



つまり、

「人というのは自分が優位であるために、他者に真実なんて話さないものだ」

そういう目で世の中を見ているのです。

まさに、『損得勘定』の生き方です。







で、このあと最終的にどうなるかは…もう目に見えてる。

こっちが「個人懇談どうだった?」って聞いてはじめて、彼の都合で微調整した内容を伝えられるんだろうな〜。

(そうゆう人なんだって思ってしまうこと自体が、悲しいよね)





そうゆう意味では、何とも彼らしい返信内容だったし、何も変わってないな〜と。

かつての、”私の要求を受け入れない時の理由“というのもそう。

いつも取って付けたような、理由にならないことだったよなあ…。

(参考:理解されないモラハラ。 “いい人ヅラ” して要求は受け入れない、という手法。)







それでひしひしと感じたのが、やっぱり、

信頼関係が築けない夫婦って、不幸でしかない!と。



だって信頼関係は、夫婦じゃなくてもどんな人間関係でも超大事だからね。

長く続く友人関係も、やっぱり『信頼』が基盤にあるから。

そしてそれは、犬や猫…ペットだって同じ。







相手を出し抜くことにエネルギーを注ぐ人は、おちおちと人を信用なんかしていられないのかもしれません。



彼の場合はとにかく、そこが病的だった。

「父親」と「母親」って、そもそもが全く違うもの。

だから普通の人は、そこで競う意味がわからないんです(もちろん私も最初は思いもよらなかった)。



今では分かります。

モラ夫は父親ではなく、息子にとっての教祖又は、最高のアイドルになりたかったんですね。



彼のこの “競争せずにはいられない病気” が、

妻である私の足を引っ張り、

息子をおだて「ダメな母親」を植え付けた。





ここで前回の内容も関連して、つまりは、

彼の根底にある『劣等感』が、パートナーである妻を陥れることになった。

…というわけです。

Sponsered Link